FC2ブログ

色々なことや健康に良い食べ物や読んだ本を紹介するよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ガン、エイズのワクチンを作ったチャチョーワ博士の悲劇(1)

臨床実験で実証済みの難病治療はこうして潰された

 ガン、エイズ、心臓梢をはじめとする数々の難病を、99%以上の確串で治してしまう
ワクチンがすでに存在していた! そう聞いても、「そんな馬鹿なことがあるものか」
と。笑に付されるに違いない。
 もしそんなワクチンが存在したら、病に臥せる人々の数が激減し、なんとも喜ばしい
ことである。ところが、それは、医師、病院、薬の必要性が圧倒的に少なくなることを
も意昧する。つまり、医療業界にとっては大打撃であり、多くの人々が職を失うばかり
でなく、世界的な大混乱が予測される。オーストラリアの医学博士サム・チャチョーワ
氏は、そのような大発見をしてしまったが故に、大きな災難に見舞われることとなった。
 1995年夏、チャチョーワ博士は、過去15年聞の研究が報われ、人生において最も
輝かしい体験をするはずだった。その10年以上も前に、彼が開発した療法とワクチンは
完成していたが、まずは自分の研究成果を医療関係者に伝えるために世界中を回り、事
前に医療機関で臨床実験が行われる必要があった。アメリカのコロラド大学、UCLA、
そしてシーダーズ・サイナイ・メディカルーセンター(CSMC)では、他のいかなる
治療方法でも効果を上げることのできなかったガン患者に対して、彼の開発したワクチ
ンを投与する臨床実験が試みられた。
 結果は、99%以上の患者にすぐに効果が表れる、驚くべきものであった。その実験に
関わった医師たちは皆興奮して、チャチョーワ博士の開発したワクチンの奇跡的効果に
感激を露にした。自分が開発したワクチンの効果が超一流の医療機関で確認されて、自
信を待ってオーストラリアに帰国したチャチョーワ博士は、全世界に向けて、まさにそ
の成果を発表する段階であった。
 ところが、新聞のインタピューは突然キャンセルされ、オーストラリア医学協会は、
明らかな嘘をつく詐欺師であるとして、チャチョーワ噂士を非難し始めた。研究成果を
追検証する医療機関に10万ドルの資金提惧をするという彼の申し出はことごとく無視さ
れ、披の研究に協力していた医学者たちですら態度を一変させると、共同研究の継続を
拒否してきたのだ。
 チャチョーワ博士の研究は、現在の医学界においては常識を逸脱したアブローチであ
り、その驚異的な効果は医薬品栗界を揺るがすものだったのだ

奇跡のガン療法を生み出した医学博士の真実

 1975年、サムーチャチョーワ少年が思春期に入った頃、父親にいくっもの骨髄腫
(脊髄ガン)が見つかった。将来、サムは医学部に通うつもりでいた。当時は、特別な
症状が発生しない限り、治療は一切行わないのが一般的で、彼の父親も例外ではなく、
目分の病気のことは誰にも告げずに、いつもながらの生活を続けていた。しかし、次第
に症状が表れ容態が悪化。医学部に通う兄と姉の影響もあって、将来は医者になること
を目指していたサムは、父の病気を知り、何とかガンを治す方法を見つけ出し、父親の
健康を取り戻したいと切に願っていた。そして、ついに医学、特にガンについて独学を
始めたのだった。
 物理・化学に秀でていたサムは、高校生にしてガン研究者たちがん連絡を取り、様々な
アイディアを提案しては議論を行った、そうしてガンについて次々と学んで行き、副作
用が強く、さほど効果が得られていないにもかかわらず、化学療法や放射線療法が広く
普及している現状も知った。
 そして1977年、サムは18歳にして、のちに自らが命名したIRT(lnduced
Rcmission Therapy =誘導消失療法)の基となるガンの治療法を発見。前代見聞の若さで
オーストラリアのガン研究機関で研究・発表を行うまでに至ったのである。

逆転発想の免疫学!杭生物質に依存しない動物の免疫反応利用

 どんなに悪性のガンに対しても、小腸だけはその攻撃に抵抗力を示す。小腸にはパイ
アー斑と呼ばれるリンパ組織の小節があり、それが自らの免疫力を保護している。おそ
らく、それがガンの進行と腫瘍の拡大を妨げているのだ。
 サムは考えた。胸腺は脊権動物の免疫機能に重要な物質を分泌する内分泌腺であり、
ヒトの場合は首の付け根に近い胸部にある。ところが、例えば鳥の場合、免疫を司る
器官は胸腺ではなく、未発達状態の腸内にある。ヒトの免疫のこの部分は、進化の過程
で不公平にも退化して譲り受けられてきたのであろうか?
 他の動物にとっては命取りとなる病気に対して、ある種の動物が完全なる抵抗力を示
すのは、ヒトの小腸が示す免疫能力と関連付けられるのかもしれない。
 例えば、HIVの陽合は人間にだけ感染しエイズを発症する。実験を行った動物には、
その感染を退ける抵抗力が備わっていた。それゆえに、動物をHIV感染・エイズ発症
させて検証する「動物モデル」がなく、そのことで医師たちは頭を抱えてきたのである。

ちなみに、馬、猫、犬などの勣物も、人間のガンに対して抵抗力を備えている。
 そこで、サムは逆転の発想をした。それならば、どうしてエイズやガンのワクチン生
成のために、動物の免疫反応を刊用しないのだろうか、と。
 ご存知のように、1929年にアレキサンダー・フレミングによって、世界初の抗生
物質ぺニシリンが発見されて以降、医学界は大きく変わった。抗生物質は究極の万能薬
としてもてはやされると、従来採用されてきた動物の免疫能力利用は高リスクで邪道と
ぢえられ、いつしか忘れ去られていった。
 しかし、抗生物質では治療できない、様々な難病に苦しむ人々が増え続けると、抗生
物質へ依存したつけは大きなものとなっていた。
 薬学が未発達の時代には、医師たちは、肺炎、狂犬病、灰白髄炎(ポリオ)、天然疸
や他の伝染病の治療に馬の血清を用いていた。なのになぜ、今日でも同じ理論を応用・
発展させないのだろう。サムはそう考えたのである。
 確かに、過去の洽療法においては、ウィルスの突然変意という問題が見られたが、サ
ムはそれを解消し、動物の持つ抵抗力を完全に人問に移植して完全なる治癒を実現する
リクチン開発を考えたのである。

 1984年、サムはメルボルン大学医学部を優等で卒業して、正真正銘銘の医師になっ
た。そして、動物の免疫反応を利用するという独自のアプローチは、動物実験において
も、ヒトヘの臨床実験においても、注目すべき成功を収めていった。

IRT(Induced Remission Therapy)誘導消失療法の完成

これまでの歴史において、ガンのように、通常ならば簡単に治るはずのない病気が消
失してしまうという、常識では考えられない奇跡のような現象がいくつも報告されてい
る。多くの科学者は、ある病気にかかっている際に、別の感染が起こり、それがガン細
胞を破壊する能力を有していたのだと考えた。ガン組織を殺すためにウィルスやバクテ
リアのエージェントが使われてきたのは、こうした考えに立脚している。
こうした治療が試みられるようになったのは、古くは200~300年前に遡ると
思われるが、記録のある例として、ウィリアム・コーリー博士(1862-1936)
は梅毒や特定の運鎖球菌を使用してガン治療に大きな成果を上げ、1893年に開発し
た言Iリー毒療法」はその後60年間、ガン治療の主流となった。近年ではヘンリー・
ハイムリック博土(1920-)がエイズやガンの患者にマラリアを与えて治癒させ
ている。また、白血病の子供の場合、麻疹(はしか)にかかると、そのウィルス粒子が
白血病細胞の内部に見られるようになり、3週間以内で、抗体する抗体ができて、麻疹
のウィルスとすべてのガン(白血病)細胞を破壊して治癒することが報告されている。
 過度に熟心な医師たちは、普通の人であれぱ死に至らしめる天然疸、マラリア、脳炎
や他の感染症のウィルスをガン患者に投与したが、彼らがその感染によって死ぬケース
は意外と少なかった。その要因は、ガンが発病している間に、病気に対する免疫反応を
効果的に発動させる患者自身の能力にあるようだ。
 ちなみに、結核やハンセン病の患者がほとんどガンに侵されることがない点に気付い
た故丸山千里博士は、同様の発想で、結核菌から抽出したアラビノマンナンという多糖
類を主成分とした、いわゆる「丸山ワクチン」を開発している。チャチョワ博士のワ
クチンには遠く及ぱないものの、手術でガンを取りきれなかった患者126名を対象に、
従来の抗ガン剤に丸山ワクチンを併用して洽療した場合、抗ガン剤のみによる治療と較
べて、50ヵ月後の生存率が約15%向上するデータが出ている。
 チャチョーワー博士もまた、病気が自発的に消失する現象に興味を持ち、様々な可能性
を模索した。そして、数年にわたる動物実験を繰り返した桔果、ガンは洗練された免疫
学的メカニズムを持つことを突き止めた。ガン細胞は生体をその母体内で被包し、その
絹胞と取り・込まれたものを破壊するために抗体を発することになる。体が打ち負かすこ
とのできない感染があれば、ガン細胞はそれを被包しようとして急速に成長しようとす
る。しかし、感染した生体を注入すると、ガン細胞は広範囲に抗菌・抗ウィルス性のエ
ージェントを発生させることになり、ガンが広がることはない。そのエージェントの中
には、HIVに対してさえ効力のあるものも含まれた。
 チャチョーワ博士の焦点は、動物の免疫能力(血清)を安全に利用するアプローチと、
入体に無害な感染生体を利用して、患者自身が持つ免疫能力を発動させるアプローチと
にしぼられた。

「超不都合な科学的真実 もうからない重要な発見はすべて潰される」から

またね~キティ_m

おしてね。

健康法 ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 筋ジストロフィーへ
にほんブログ村
ありがとう。
関連記事
[ 2013/09/10 17:12 ] がんのこと | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ
  • 自己紹介(2)
  • がんのこと(24)
  • がんの特効薬は発見済みだ(2)
  • 健康法(3)
  • 健康に良い食べもの(12)
  • 健康食品(6)
  • ビタミン(1)
  • 野菜の栄養(1)
  • はちみつ(2)
  • 日記(8)
  • 写真(4)
  • 未分類(26)
  • ソマチットさん(1)
  • 本(1)
  • 植物さん(7)
  • 地球さん(1)
  • 森林さん(1)
  • スピリチュアル(1)
  • のぶくんのこと(1)
  • 慢性病(2)
  • メイプルシロップ(1)
  • マイグルト(1)
  • ココナッツオイル(1)
  • 牛乳の害(1)
  • 自然療法(3)
プロフィール

のぶくん

Author:のぶくん
ぼくは筋ジストロフィーという病気で入院しています。
好きなことは読書と映画やアニメを観ることです。
ぼくの夢は人の役に立つことです。

カウンター
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。