FC2ブログ

色々なことや健康に良い食べ物や読んだ本を紹介するよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

がんは寄生虫とプロピルアルコールが原因(3)

オーソホスフォチロシンが体内に存在するということは、あなたがガンになったことを示して
います。腸内吸虫という寄生虫の繁殖システムを抹消するという敏速な行動を取らないかぎり
寄生虫はあなたの身体を乗っ取ってしまいます。

しかし、行動に移る前に、少し考えてみましょう。なぜこの寄生虫は、従来のように静かに人
体の腸内で暮らす代わりに、あなたの身体の中で爆発的に増え続けるのでしょうか? 体内にプ
ロピルアルコールが存在することが、この寄生虫に腸内以外で成長することを可能にしているの
です。ファシオロプシスという寄生虫は、すべての生物がつねに行っていること、すなわち、生
存することと生殖することを、行っているにすぎないのです。この寄生虫が魔性の存在であるか
ら、あなたがガンになったわけではありません。あなたがガンになったのは、あなたの身体がプ
ロピルアルコールに汚染されているという、このうえなく悲劇的な誤りによって起こったのです。

もちろん、食用勤物やペットなどにこの寄生虫が蔓延していることによって、我々の身体に寄生
虫が侵入することも大きな問題です。この点については、後にもっと詳しく書くつもりです。
 ファシオロプシスのレディアやセルカリアが、繁殖する過程で、彼ら自身を分裂させるために
オーソホスフォチロシンを産出しているのかもしれません。ありうることです。あるいは、レデ
ィアやセルカリアが、人体にオーソホスフォチロシンを生産させるのかもしれません(私はエピ
ターマル・グロウス・ファクター、EGF=表皮腫瘍因子が、このプロセスで生産されていると
いう実験的な証拠を持っています)。これらの腫瘍刺激物質は、あなたの細胞を分裂させるとい
う意図を持っているわけではありません。正常なケースでは、この寄生虫の繁殖過程の大部分は、
池の中や、その周辺にたくさんいるカタツムリの体内で行われるのです。ファシオロプシスはそ

の全ライフサイクルを、人間の身体の中で完成させたいと思っているわけではありません。しか
しながら、人体がオーソホスフォチロシン(やEGF)に自動的に反応してしまうのですから、
我々の細胞は、寄生虫が繁殖するに従って、分裂に分裂を垂ねること、すなわちガンになること
になるのです。

寄生虫を迫放し、ガンを治癒する

 このブロセスを理解することでわかってくるよいニュースは、人体内に潜む腸内吸虫を全成育
期にわたって駆除することができれば、オーソホスフォチロシンの生産もまたストップするとい
うことです。吸虫を駆除すれば、二四時間以内にオーソホスフォチロシンは消え去ります。ガン、
すなわち細胞の無目的な分裂は終わるのです。もちろん、あなたにはガンが人体に与えた損傷を
修復するという重要な仕事が残っていますが、寄生虫を駆除できれば、ガンは二度と戻ってはこ
ないのです。あなたは、あなたの生命をめぐる戦争に、とりあえず勝ったのです。
 しかし、健康をめぐる戦争についてはどうでしょうか? ガンという悪夢に話を戻し
ましょう。なぜ顕微鏡でしか見ることのできないほどの小さな卵、ミラシディア、レディア、セ
ルカリアなどが、あなたの子宮や前立腺や肺を、生殖の場として選び、そこにガンをもたらした
のでしょうか。その理由は、それらの器官が免疫力を失い、これらの小さな侵入者を捕捉して駆
除することができなかったからです。さらにその理由を追求すれば、ガンになった組織に、プロ
ピルアルコールやその他の毒素が存在していたからです。それらの毒素は、水銀やバリウムなど
の重金属かもしれません。イットリウムやハフニウムのようなチタン系の金属かもしれません。
砒素やラドンのような毒物かもしれません。これらの毒素に侵さわた、あなたの身体の中でもっ
とも不健康な器官に、寄生虫が住み着き繁殖するのは、たんなる偶然ではないはずです

あなたは、次の三つのことをしなければなりません

① どんな成育期にあろうとも、腸内吸虫をすぺて駆除すること。
② プロピルアルコールを体内に侵入させないこと。
③ ガンから回復するために、重金属や毒素などを体内から駆逐すること。

寄生虫はそれぞれが独特な性質を持っているのだから、特定の寄生虫を駆除するには、それ専
用の薬品が必要だと、我々は教えられてきました。効果的な寄生虫駆除剤は、いく種類もの寄生
虫を殺すことができます。しかし、こういった薬品を飲むという方法は、体内に数ダースもの異
々った寄生虫が存在しているという場合には、有効ではありません。そして、人体は数ダースも
の種類の寄生虫を体内に持っているのが、通常なのです。腸内吸虫だけがガンを引き起こすとし
ても、すべての寄生虫を駆除することが最良でしょう。
 第三部の症例集をお読みになればわかります。私は検査対象として一二○種類の寄生虫を取り
上げました。私の検査した患者のうち、一ダース以上の寄生虫を体内に持っていた患者は、けっ
して異常なケースではありませんでした。あなたもまた、一ダース以上の寄生虫を体内に持って
いると仮定してもよいでしょう。人間は寄生虫に侵された生物なのです。我々の身体は、これら
の数多くのただ乗り生物に十分な食物と住居を提供できるほど余裕があるのです。シラミやダニ
のように、人間の身体の外部、我々が見えるところに住んでいるのなら、我々は一瞬のうちに彼
らを払い落とすことができます。我々の肉体に噛みついたり、這い回ったり、吸いついたりする
小さな生物の大群ほど、気持ちの悪いものはありません。しかし、我々の肉体の内側に、それら
の生物がいたらどうでしょう。我々は自分の身体の内側を見ることはできません。だから、我々
は誤って、体内にはなにもいないと仮定してしまうのです。

おしてね。
にほんブログ村 健康ブログ 健康情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 病気ブログ 筋ジストロフィーへ
にほんブログ村
関連記事
[ 2013/09/06 14:46 ] がんのこと | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ
  • 自己紹介(2)
  • がんのこと(24)
  • がんの特効薬は発見済みだ(2)
  • 健康法(3)
  • 健康に良い食べもの(12)
  • 健康食品(6)
  • ビタミン(1)
  • 野菜の栄養(1)
  • はちみつ(2)
  • 日記(8)
  • 写真(4)
  • 未分類(26)
  • ソマチットさん(1)
  • 本(1)
  • 植物さん(7)
  • 地球さん(1)
  • 森林さん(1)
  • スピリチュアル(1)
  • のぶくんのこと(1)
  • 慢性病(2)
  • メイプルシロップ(1)
  • マイグルト(1)
  • ココナッツオイル(1)
  • 牛乳の害(1)
  • 自然療法(3)
プロフィール

のぶくん

Author:のぶくん
ぼくは筋ジストロフィーという病気で入院しています。
好きなことは読書と映画やアニメを観ることです。
ぼくの夢は人の役に立つことです。

カウンター
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。