FC2ブログ

色々なことや健康に良い食べ物や読んだ本を紹介するよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

がんは寄生虫とプロピルアルコールが原因(2)

 ガンを理解するためには、まず腸内吸虫について理解しなければなりません。この吸虫は学名
をファシオロプシス・ブスキー(以下ファシオロプシスと表記)といいま
す。吸虫という名前の由来は、その身体が扁平であることを意味しています。吸虫
は、桐形動物科に属します。次ぺージに腸内吸虫の写真を掲げました。染色された標本から作ら
れた写真ですから、吸虫の細部まで見られます。この吸虫は木の葉のように扁平な形をしていま
す。吸虫は人類にとって未知のものではありません。寄生虫に研究史によれば、すでに一九二五
年には、この吸虫の研究成果が発表されています。
 この吸虫は、いくつかの成育期を経て成虫となります。第一期は卵です。成虫は数百万の卵を
産みますが、産み落とされた卵は人間の排泄活動によって人体から排出されます。卵を産んだ成
虫は、その後も腸内に留まります(成虫が肝臓に留まればガンを引き起こし、子宮に留まれば子
宮内膜炎を、胸腺に留まればAIDSを、腎臓に留まればホジキン病を引き起こします)。
 人間は、ときどきその腸内に小さな損傷を受けることがあります。これらの小さな傷を通して、
顕微鏡サイズの吸虫の卵が血管に入り込むことが起きます(吸虫以外の寄生虫の卵も、このよう
にして血液中に入り込みます)。

これらの吸虫の卵の一部は、腸内や血管の中で孵化します。顕微鏡的サイズの孵化したばかり
の幼虫はミラシディアと呼ばれます。吸虫の成育期では、卵に続く第二期にあたります。彼らは
鞭毛を使って泳ぎ回ります。体内の異物を廃棄するのかその仕事である肝臓は、ミラシディアを
含む血液が肝臓に届いたときに、卵やミラシディアを殺そうとします。肝臓が正常に動いている
人体の中では、ミラシディアに生き残るチャンスはありません。

吸虫とプロピルアルコール
 
 しかし、体内にプロピルアルコールを持っている人々にはいある特別なことが起こります。成
長の初期にある小さな吸虫を、肝臓か殺せなくなるのです。幼虫段階にある吸虫が、肝臓やその
他の器官に定住できるようになります。それは、肝臓という強力な免疫システムが、彼らを殺す
力を失ってしまったためのようです。その結果、プロピルアルコールが存在する人体の中では、
吸虫が爆発的に増えはじめるのです。ミラシディアはレディアと呼ばれる小さな球体を、白分白
身の内部に作りはじめます。一つひとつのレディアが生きているのです。レディアはミラシディ
アの体内から飛び出して、増殖を始めます。四〇匹のレディアが、それぞれ四〇匹のレディアを
作ることができます。そして、これらすべてが、成虫が産んだたった一個の卵から、生み出され
たものなのです。
吸虫ファシオロプツスは、あなたの身体の中で、数百万の卵を産み、レディアを生産します。
子宮頚部であろうと肺であろうと、ガン細胞が成長している組織ではレディアが生まれています。
無数のレディアが血液中に流れだし、それがどこであろうと、至るところの組織に着床します。
喫煙者の肺、良性腫瘍のある乳房、重金属でいっぱいの前立腺などは、レディアが好んで着床す
る組織の典型です。
    *吸虫が次の成育期に成長するのを可能にするのは、これらの損傷した組織の電荷や磁気の変化
    であると思われます。あるいは、たんにこれらの組織の免疫力が低下しているだけなのかもしれ
    ません。また、損傷を受けている組織内で死滅した細胞y吸虫の成育にとってよい食料となっ
いるのかもしれません。
今後の科学研究が、これらの疑問についての真実を導くことになる
てしょう
 レディアの増殖は、一つの世代から次の世代へと、爆発的なぺースで続きます。レディアは肝
臓やその他の器官に定着します。そして、突然、レディアはその姿を変えて、次の成育期に移行
します。レディアは身体に尾が生え、再び泳げるようになるのです。この段階をセルカリアと呼
びます。
セルカリア段階の吸虫が行うのは、吸着する器官を探すことです。人体組織のどこかに吸着し
たのちには、セルカリアの尾が消え、セルカリアは「さなぎ」へと成長するのです

 
「さなぎ」化した吸虫は、メタセルカリアと呼ぱれます。吸虫の正常な成育サイクルでは、この
過程は池の近くに生えている植物の葉で起こります。メタセルカリアは物の葉に吸着して、寒
い冬に耐えられるように、自身の周囲に非常に厚い外皮を成長させるのです。人体中のプロピル
アルコールが、この強力な外皮を溶解させるのでしょうか? プロピルアルコールは吸虫の最後
のバリアを取り除き、人体中のどこであろうと、吸虫の完全なライフサイクルを完成させるので
す。

 メタセルカリアの固い外皮が取り除かれると、彼らは人体組織の中で成虫に成長していきます。
通常それが行われる腸内ではなく、肝臓の中でメタセルカリアが成虫になっていくのです。いま
や、吸虫ファシオロプシスのライフサイクルは、プロピルアルコールの存在する人体の中で完結
したのです。卵からミラシディア、レディア、セルカリア、メタセルカリア、そしてついに成虫
になります。そして、これらすべての成育段階で、吸虫はあなたの貴重な体液を吸収し奪い去る
のです。
 しかし、ここで述べたライフサイクルは、ファシオロプシスにとっての正常なサイクルではあ
りません。この吸虫の正常なライフサイクルは、次ページの表に示したものです。
HGK1.jpg

つづく

にほんブログ村 健康ブログ 健康情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 病気ブログ 筋ジストロフィーへ
にほんブログ村
関連記事
[ 2013/09/03 14:29 ] がんのこと | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ
  • 自己紹介(2)
  • がんのこと(24)
  • がんの特効薬は発見済みだ(2)
  • 健康法(3)
  • 健康に良い食べもの(12)
  • 健康食品(6)
  • ビタミン(1)
  • 野菜の栄養(1)
  • はちみつ(2)
  • 日記(8)
  • 写真(4)
  • 未分類(26)
  • ソマチットさん(1)
  • 本(1)
  • 植物さん(7)
  • 地球さん(1)
  • 森林さん(1)
  • スピリチュアル(1)
  • のぶくんのこと(1)
  • 慢性病(2)
  • メイプルシロップ(1)
  • マイグルト(1)
  • ココナッツオイル(1)
  • 牛乳の害(1)
  • 自然療法(3)
プロフィール

のぶくん

Author:のぶくん
ぼくは筋ジストロフィーという病気で入院しています。
好きなことは読書と映画やアニメを観ることです。
ぼくの夢は人の役に立つことです。

カウンター
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。