色々なことや健康に良い食べ物や読んだ本を紹介するよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

スギナ―ガンをはじめ難病に効く

*ガンをはじめ難病に効くスギナ
 
早春、土の中からひょっこり顔をだすツクシたち。ハカマをとって煮付けたり、玉子とじにして
食べると、ほろ苦くおいしい春の昧で、胃、腸、肝臓によく毒下しをしてくれます。
 さて、あとから出てくるつくしの親、緑色のスギナは、驚くほどの繁殖力であたり一面にひろが
りますが、このエネルギーが人間の弱った体をいやしてくれるのです。誰でも出会える道端にそっ
と準備された、自然の暖かい親切な心づくしは、なんとすばらしいんでしょう。
 スギナを煎じて飲むだけで、多くの病気に効き目があるのです。ガンや糖尿病・腎臓炎・結石・
カリエス・肝臓病・胆のう炎といった難病にも、驚くべき効果があります。
 スギナには3~16%もの珪酸が含まれていますが、この珪酸と、他に含まれる未知の成分とが多
くの難病を治す力となっているようです。
 昔から民間療法で、血止めや腎臓・膀胱の病気に使われてきたスギナですが、現代のヨーロッパ
でも、このスギナのかけがえのない効果が再発見されています。
 ドイツの自然療法医のナイプ神父は、スギナが出血・膀胱・腎臓・結石・カリエス・さらにガン
性肉腫・リウマチに卓効があることを報告し、スギナはこれらを洗い流し、溶かし、またいたんだ
ところを取り除く作用をするといっています。もちろん、飲む以外にも、暖めて布にくるみ患部に
湿布してもいいのです。

*抜群の利尿効果
 
 特に、突然お小水が出なくなったり、痛みがはげしいときにも、医者の導尿に頼らなくても、ス
ギナのお茶と、スギナの湿布で、痛みを除き、利尿効果をあげることができます。
 腎臓結石・膀胱結石なども、スギナの煎じ汁で腰湯をし、少しずつスギナの煎じ汁を飲み、尿が
一杯になるまでがまんしてから一気に排尿すると、たいていの場合は出てしまいます。
 腎臓病・心臓病・肝臓病などでむくみがある人にも、このスギナの外用と内服は、驚くほどの効
果があります。
 スギナ茶を飲むと、多量のお小水が出て、特に疲れていたり、病気があったりすると、血のよう
な濃い茶色になるのでびっくりされるかもしれません。
これは自分が持っているものが出てくるのです。そして浄化されるとだんだん澄んできます。
 どんな排尿剤も受けつけないような場合にも、スギナ茶を一日五、六杯ずつ飲むとよいのです。
一気に飲まず、ちびちびと飲んでください。煎じ汁をポットに入れておいて、熱いところを飲むの
がよいでしょう。

*傷や吹出物、皮膚炎にも傷やアトピー性皮膚炎にも、スギナはよく効きます。

生葉を摺り鉢でつぶして、そのままパスターにして患郎に貼ってもよく、青汁をそのままつけても
よいのです。これで、長年苦しんだアトピーが治った人の例は多くあります。
 また、かゆい吹出物やかさぶたも、スギナの煎じ汁で洗ったり、湿布するとよく、ひようそ・カ
リエス・ただれた傷・ガン性腫瘍にも効きます。
これは濃く煎じた汁で湿布してもよく、生の葉をパスター状に摺りつぶして直接患部に貼ってもい
いでしょう。
 スギナを化粧水に使っている人もあります。脱脂綿にひたして汚れをふきとりなから塗ると、さ
っばりして肌がツルツルし、ニキピなど吹出物も治るといわれて、多くの方にお知らせしたら効果
満点と喜ばれました。
 化粧水は、スギナ茶七〇cc、アルコール三〇cc、グリセリン三〇ccの割合で混ぜたものです。ス
ギナのアルコール漬五〇ccにグリセリンを適宜混ぜてもよいでしょう。

*スギナ茶の入れ方
 
 スギナ茶を入れるには、生の葉でも干した葉でもよく、葉をひとつかみ急須にいれて、日本茶の
ように熱湯を注いで五~六分おいてから飲みます。
 また、煎じるときは、煮立てるのは五分~十分にして、長く煎じないのがコツです。ポットに入
れておいて、チビチビ飲むのがよいでしょう。
 スギナは特に、ガンや肺結核や慢性気管支炎、肺治療にはよく効きますが、この場合には煎じ汁
を飲みます。
 慶応大学講師の山崎典子さんは「スイスのキコンツレ神父は、老年期に達したすべての人々に、
毎日スギナのお茶を一杯飲むことをすすめています。これでリウマチや関節炎、神経痛とおさらば
でき、健康な人生をまっとうすることができる、
と神父は語っています。
 また、オーストラリアの生物学者リヒァルト・ヴルフォートは、スギナ茶の長期飲用でガンの成
長をくいとめ、ついにそれをくずしてしまうことを報告しています」といっておられます。スギナ
の卓効は、世界中で証明されていることがわかります。

*スギナの湿布

 スギナは、濃く煎じた汁で湿布してもよく、生をすりつぶしてどろどろにし、直接患部に貼って
もいいのです。また、吹出物やかさぶたなどは煎じ汁で洗うだけでも効果があります。
 さらに重い症状には、蒸気湿布をします。これは、両手に一握りほどの生か干したスギナを、む
し器でむし、スギナがやわらかく温かくなってきたら、リンネルまたはもめんの袋に入れ、患部に
おくのです。(生で上から温めて使ってもよい)
 この場合、保温することが大切で、二~三時間から一晩使います。忘れてならないのは、湿布は
いつも湿気を含み、暖かい状態にしておくということです。ゆででコンニャクをタオルに包んで上
に置くとよいでしょう。

スギナエキスの作り方
 
 スギナエキスは、ピワの葉エキスと同じように、アルコールまたは三五度以上の焼酎にヒタヒタに
つけて二週間以上、暖かい場所におきます。毎日ピンをふって混ぜると、早くエキスができます。
 これをすべて外用に応用して使います。内臓の痛み、傷、ねんざ、炎症等には湿布します。あぶ
ら足などにも、スギナエキスをぬるとよいのです。
ひどい水虫にもスギナの湿布がよく効きます。

*スギナパスター
 スギナをよく洗い、摺り鉢などでよくすり、どろどろになったものに小麦粉を少々足してつなぎ
にし、ガーゼに包んで湿布に使います。特に、痛みのひどい痔などに効果があります。

*スギナの腰湯
 
 一〇〇gのスギナを一晩水につけて、次の日にそのまま沸騰させ、その液をお風呂の中に注ぎ、
一〇分から二〇分ぐらい、汗が出るほど腰までつかります。
 または、たらいの中で腰湯して、冷めたらさし湯しながら入る方法も気持ちよく、卓効がありま
す。特に、腎う炎や腎臓病、ぼうこう炎には、このスギナの腰湯は大変よく効きます。
 婦人科の弱い人や慢性病の人にも効果抜群で、これで肋けられたという方が多勢おり、びっくり
している方が多いのです。

*スギナのふりかけ、てんぷら

 九州で研修会をしたとき、スギナのふりかけを特ってきてくださった方があって、みんなでいた
だきましたが、大好評でした。
 これは、スギナをよく乾燥してミキサーまたは乳鉢で粉にし、それに黒ゴマを炒ってすりつぶし
たものをスギナと同量混ぜ、炒り塩で味をつけたものです。また、ハコベのふりかけも、同様にし
て作ってくださった方がありました。
 衣を薄くしたスギナのてんぷらもおいしいものです(いずれも多く食べすぎないこと)。また、ピ
ワの葉のように、焼酎につけて盃一杯位をうすめて飲んでもいいのです。

*スギナで命びろいした人たち

 スギナは、治りにくい病気もやさしく暖かく、
なぐさめ癒してくれます。スギナで助かった人の話をご紹介しましょう。
 四十七歳の男性の方ですが、急にひきつるような腰痛に見舞われました。七転ハ倒、油汗を流す
ほどの苦しみです。医者に行っても原因がわからず、痛み止めを打つだけ。だんだん痛みははげし
くなり、生身の体をナイフで切られるようになってきて、どうにもならず、鴨居に吊したひもにし
がみついて夜を明かすほどでした。
 窮余の策で、スギナが痛みに効くときき、毎日スギナ茶を数回飲み、お腹にはスギナを蒸して布
に包んだ湿布をしました。すると、お小水がたくさん出て痛みが一日で止み、三日目に石がたくさ
ん出てきました。油汗を流した痛みは、実は結石だったのです。この結石は大きかったのですが、
陰にかくれていて、レントゲンに写らなかったのです。
 この人は日頃から食物に気をつけ、外から于当をし、ビワ葉温灸などをしていました。そこにス
ギナの効力が加わり、結石が砕けて出てきたのでしょう。急に大きな石が砕けるというよりも、こ
うした努力の集積と相乗作用の結果だと思います。
 道端の厄介物扱いにされ、増えて困るなどといわれてきたスギナの中に、こんな白然の深い思い
やりと親切がこめられているとは驚きです。
 また、瀬戸市の伊藤さなえさんからは、ご主人がかゆい吹出物が足にでき、いろいろ薬を塗って
も治らなかったのが、スギナの汁を塗ったら一晩で治ってしまった、と嬉しいおたよりをいただき
ました。
 原因不明の腰痛がスギナのお茶で治った方、リウマチの痛みが、スギナ茶と湿布のお陰で一週間
でとれてしまった方、スギナの腰湯と湿布とお茶を毎日続けているうちに、なんと子宮ガンがお小
水にとびだしてきた方、前立腺ガン、胃ガンが治った方……等々、数えきれないほどで、多くの実
例が山のようにあります。
 もちろん、こうした例も、ただスギナだけの効果ではなく、于抜きせず、つとめて手作りで日頃
から自然の食物をとるように心がけ、手当てもこまめにしながらの総合的な効果でした。
 スギナか効くというと、すぐそれ一辺倒になってしまう方が多いので、念のために一言……。

(薬草の自然療法)

またね~キティ_m

おしてね。

健康法 ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 筋ジストロフィーへ
にほんブログ村
ありがとう。
関連記事
[ 2013/10/26 12:05 ] 自然療法 | TB(0) | CM(8)
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2014/02/27 15:30 ] [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2014/07/16 19:24 ] [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2014/07/17 00:25 ] [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2014/07/22 20:35 ] [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2014/07/27 09:35 ] [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2014/08/12 09:01 ] [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2014/08/17 00:36 ] [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2014/08/28 02:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ
  • 自己紹介(2)
  • がんのこと(24)
  • がんの特効薬は発見済みだ(2)
  • 健康法(3)
  • 健康に良い食べもの(12)
  • 健康食品(6)
  • ビタミン(1)
  • 野菜の栄養(1)
  • はちみつ(2)
  • 日記(8)
  • 写真(4)
  • 未分類(26)
  • ソマチットさん(1)
  • 本(1)
  • 植物さん(7)
  • 地球さん(1)
  • 森林さん(1)
  • スピリチュアル(1)
  • のぶくんのこと(1)
  • 慢性病(2)
  • メイプルシロップ(1)
  • マイグルト(1)
  • ココナッツオイル(1)
  • 牛乳の害(1)
  • 自然療法(3)
プロフィール

のぶくん

Author:のぶくん
ぼくは筋ジストロフィーという病気で入院しています。
好きなことは読書と映画やアニメを観ることです。
ぼくの夢は人の役に立つことです。

カウンター
カレンダー
09 | 2017/03 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。