色々なことや健康に良い食べ物や読んだ本を紹介するよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ビワ―ガンをはじめ万病に効く

ビワ―ガンをはじめ万病に効く

*ピワは昔から魔法の木

 枇杷は、その汁の多い黄金色の実も、大きくて葉脈のくっきりした固い葉も、私たちに馴染み深
いものです。青空をバックにビワの葉か茂り、遠くでブランコのゆったり軋む音……そんな風景を
懐しく思い出す方もあるでしょう。あのビワの葉に万病を癒す不思議な力があるなんて、信じられ
ないという方がいるかもしれません。でも、この枇杷こそ、古来から民間療法の霊薬として知られ
ていたのです。
 なんと三千年も昔から、涅槃経などインドの古い仏典のなかに、ビワはたいへんすぐれた薬効を
持ち、生きとし生けるものの万病を治す植物として登場します。ピワの木は『大薬王樹』、ピワの
葉は、すべての憂いをとりのぞく「無憂扇」と名づけられていることからも、その癒しの力の絶大
さが、すでにこの頃からあまねく知られていたことが窺われます。日本でも古くは奈良時代、天平
二年に光明皇后がつくられた「施薬院」、これは貧しい人や病気の人々の救済施設ですが、そこで
ビワの聚の療法がもう行なわれていたのです。
 この古い療法は、ビワの葉を焦げない程度にあぶって、二枚あわせて両手で十回ほどすり、一枚
ずつ手に持って熱いうちに患部を摩擦するという、素朴なやり方だったようです。それ以来、全国の
お寺にはビワの木が植えられ、難病に悩む衆生を治療してきたのです。
 ビワの木は病人のうなり声をきいて育つとか毒だとかいう迷信がありますが、ビワかこうして病
気の治癒と切っても切れない縁を持つからでしょう。
ほんとうは、一家に一本ピワの木があれぱ医者いらずなのです。
*ガンさえも治るピワの葉療法の威力

 このピワの葉は、ガンも治すほどの力を持っています。私の経験にも、このビワの葉療法と自然
食による養生でみごとにガンを追いはらってしまった方が多いのです。ことに医学では不治の病と
されている肝臓ガンを、ピワ葉温灸とピワ葉コンニャク療法で痛みを止め、ビワの生葉を貼って治
してしまった方がいます。ガンが治るのですから、ほかの難病にも効くのはあたりまえ。
 それではいったい、ビワの葉かどんなメカニズムで、どんな薬効を持って病気を治すのでしょ
 ビワの葉には、ブドウ糖、薦糖、果糖などいろいろな成分が含まれていますが、その中ののアミグ
ダリンという物質が、薬効成分なのです。そしてこのアミグダリンが、ビタミンB17になるのです。
 ガンに画期的な効果があるとして、今、国際的に脚光をあびているこのB17こそ、ビワの葉の驚く
べき効果の主役でもあるのです。
 このB17は、体温と共に暖められると浸透して、細胞の中にまで入っていき、炎症やガン細胞も治
してしまうほどの力を発揮します。
 そのため、ビワ葉温灸療法で、もぐさと共に圧力を加えて血行を促すと、酸素を補給すると共に
血液を浄化してくれます。汚れた酸性の血液は、あらゆる病気の原因ともいわれますが、ピタミン
B17はこの酸性血液を、健康な体の持つ弱アルカリ性の血液に浄化する働きがあることか、すでに証
明されています。
 その上、痛み全般によく効き、ひどいガンの痛みでも、ピワ葉コンニャク療法で止めることがで
きます。ビワの生葉を患部にあてて、ゆでコンニャクをタオル二枚に包んで上からあてて温めると、
性懲りのない痛みでも退散してしまいます。
 腹痛・リウマチ・神経痛・腰痛・内臓の痛み一切に、このコンニャク療法かよく効くことはいう
におよばずです。そのあと、ビワの生葉を患部にそのまま貼っておきます。このとき、乾かないよ
うに上から油紙かラップを貼っておき、三角布や腹巻などで固定しておくとよいでしょう。
 ちょっとした傷や火傷でもでビワの生葉を貼っておくと、一晩で痛みがとれてしまいます。やは
り、上から油紙を貼って包帯をしておきます。
 次男が私の留守中に熱湯を手にかけて大火傷をし、骨も曲がらなくなり、このまま不具になるの
では……と思ったといいます。それで電話で、火傷全体にビワの葉の生葉(できるだけゴワゴワし
た緑の濃い葉)を直接貼って、上から油紙をして包帯しておくようにいいました。    
 そうしたらひどい火傷の痛みも一時間でとれ、四時間で熱もひきました。葉がカラカラになって
とりかえるとき、痛みがなくなったので水に手を入れてみたところ、全くヒリヒリせず、もううす
皮がでていたのです。そしてひどい火傷もケロイドもなく、きれいに治ってしまいました。これに
はびっくりし、自然の力の見事さに感動しました。
 また、風邪で熱が出たり、頭痛がしたとき、頭や後頭部に貼っておくとすぐによくなりますし、
のどの痛みにはのどに、咳には胸と背中に貼ればよいのです。腰でも肩でも、どこでも痛いところ
に貼るとらくになってしまいます。
 手軽にできて、すばらしい効果のあるこの方法を、ぜひ実際に試してみてください。自然療法は
何よりも体験して、からだで覚えていくのですから、頭ばかりが先行してはだめ。ピワの葉のなか
に秘められた大きな白然の力のすばらしさを体得してほしいのです。
 もっともらしい医薬品か氾濫している現代、こうした自然の療法はいかにも原始的な方法に見
えますが、自然の力そのものの慟きは、ほんとうの意味でいちばん科学的なのです。

*煎じた汁か目薬や化粧水にも!

 このビワ葉療法に使った葉は捨てないで、紙袋に入れてぶらさげ、乾かしておき、これを煎じ
ると茶色い汁ができます。(新しい生葉を煎じてもよいのです)この汁をお風呂に入れ、また布
袋にこの葉も入れてお風呂をたてて入ると、よく温まって皮膚病も治り、肌がなめらかになって、
全身の疲れがとれてしまいます。一週間ぐらい水をかえなくても、殺菌力があるのでそのまま入
れます。
 また、ビワ葉の煎じ汁をガーゼでこすと目薬にもなり、点眼するとさっぱりして炎症や疲れ目
を治します。これで、白内障を治した方もいるほどです。(うすくしないと充血するので注意)
 また、皮膚病一切にもよく効き、この場合は少し濃い煎じ汁にしてつけるとよいでしょう。水
虫・かいせん・しらくも・たこ・魚の目・いぼなどは、まずビワ葉温灸をその部分にしてから煎
じ汁をつけます。虫さされやしもやけ、アトピー性皮膚炎などには、そのままつけて効きます。
 このビワ葉の煎じ汁を化粧水にして使ってみたら、しわがとれて、そばかすやシミもきれいに
なったという報告をいただき、早速私もいろいろ試してみましたが、たしかによいのです。皮膚
病に効くのですから肌に悪いはずはなく、なめらかに、肌理細かになります。
 市販の化粧品は、腐らないようにいろいろの薬品を入れています。その上、最近は女性の化粧か
派手手になり、厚化粧する傾向がありますから、そのたぴに何種類もの化粧品をつけます。一時的に
きれいに見えても、長い間には皮膚の老化を早め、肌の汚れをつくります。
 ことに今は、ファンデーションに鉱物性の油脂を使いますか、これは毛穴を密閑することになり、
皮膚呼吸を閉ざしますから、老化と汚れを早くする原因にもなります。
 美しくありたいのは女性の本能。でも、美しかれと願って高い化粧品を買い、逆に肌を荒らして
大きなシミをつくってしまったり、裁判沙汰にもなったという笑えない話もよく聞きます。
 肌も、自然の化粧水でまず下地をととのえた、ナチュラルな感じの化粧のほうが美しく、健康的
です。安くて、肌をまもり、肌理細かに汚れをとってくれるビワ葉化粧水を、ためしてごらんにな
ってください。(作り方はスギナの項参照)

*ぜんそく・慢性気管支炎・かぜにも効く
 治りにくい喘息、慢性気管支炎なども、乾燥したビワの葉を煎じてお茶がわりに飲むとよいので
す。ふつう、薬草は二回ほど煎じればおしまいですが、ピワの葉は数回煎じてもよく出ますから、
すぐ捨てずに煎じ出して使ってください。
 風邪で熱を出したり、のどを痛めたりしたときには、このビワ葉のお茶に塩を入れてうがいする
とよいのです。単純な目のただれ、炎症にも、これでむし洗いするとよくなります。(ガーゼを入
れ、割り箸でつまんでむすようにして洗う)
 友人に、冷え症で、夏でも毛糸を離せなかった人がいますが、ビワの葉を焼酎につけて五年位
おいたものを毎日少しずつ飲んだら、すっかり治ってしまいました。これはアミグダリンと青酸配
糖体の働きのためと、栄養学では説明されますが、
それ以上にまだ解明できない、不思議な見えない自然の力の慟きがあると思うのです。
 ビワの葉の乾燥したものは漢方薬局にありますが、ふつうの薬局でもとりよせてくれますから、
生葉の手に入らない人はこの煎じ汁をつくって飲んだり、つけたり、ガーゼに浸して痛い部分に湿
布したりすれば、生葉と同じように利用できます。
 また、ご近所にビワの木のあるお宅があったら、秋の植木の枝おろしのときに、切った枝の葉をい
ただいてきましょう。これを洗って細かく切り、アルコールか焼酎につけておくと、三ヵ月で茶色
の液が出て、ビワ葉エキスができます。
 小平市の池田トクエさんは、乳に二十三年位前からあったしこり(悪性ではない)や、腕のしこ
りが、ビフの葉温灸であとかたもなくなりましかまた、ビワの葉エキスを作り、近所の方にさしあ
げて喜んでいただいています。
 孫のブヨ、虫さされ、じんましんにも役立ちます。旅行中急に歯が痛くなり、いつも待ち歩いて
いますので、ふとピワの葉エキスをつけて見ようと思いつき、綿にしませて二・三度さしこみまし
たところ、それっきり痛みはなくなりました。

*ピワの種の力で骨髄ガンか治った!

 ビワの葉のすばらしさは、体験してみなければわかりません。熱や痛み・傷・痔・やけどを治し、
ガンの痛みも取り去り、ガンそのものも治してしまうほどの力のあるビワの葉。私も玄米自然食と
共にビワ葉療法で結核から救われただけでなく、生葉をそのまま貼ることで、先天的に奇形だった
骨が治ってきた体験があります。ピワの葉温灸をしても、特別の効果がありました。
 そのビワの葉の力は、アミグダリンという成分であることはお話しましたが、葉にこれだけの力
があるなら、強靭な生命を秘めている種はもっと力があるはずだと思い、いろいろ研究を重ねま
した。分析すると、何しろピワの種には、葉の一三〇〇倍ものアミグダリンがあるのです。でも、
苦くてとても食べられません。それで粉にしたらどうかと思っていました。
 ところが、戸田達龍さんという方から、こんな耳よりの話を聞きました。戸田さんの知り合いで
骨髄ガンにかかり医者からも見放されて死を待つばかりの婦人がいましたが、戸田さんはこの人の
ご主人になんとか助けてやってくれと縋られて、ピワの種を思いつきました。万策尽きてなす術も
なく、溺れるものワラをもつかむ心境で、すすめられたピワの種を毎日二個ずつ食べはじめました
 病人は頑固で、なかなかいうことをききませんけれども、ご主人か叱りとばし、離婚するとまで
いいながら実行させたのです。
それ以上にまだ解明できない、不思議な見えない自然の力の慟きがあると思うのです。
 ビワの葉の乾燥したものは漢方薬局にありますが、ふつうの薬局でもとりよせてくれますから、
生葉の手に入らない人はこの煎じ汁をつくって飲んだり、つけたり、ガーゼに浸して痛い部分に湿
布したりすれば、生葉と同じように利用できます。
 また、ご近所にビワの木のあるお宅があったら、秋の植木の枝おろしのときに、切った枝の葉をい
ただいてきましょう。これを洗って細かく切り、アルコールか焼酎につけておくと、三ヵ月で茶色
の液が出て、ビワ葉エキスができます。
 小平市の池田トクエさんは、乳に二十三年位前からあったしこり(悪性ではない)や、腕のしこ
りが、ビフの葉温灸であとかたもなくなりましかまた、ビワの葉エキスを作り、近所の方にさしあ
げて喜んでいただいています。
 孫のブヨ、虫さされ、じんましんにも役立ちます。旅行中急に歯が痛くなり、いつも待ち歩いて
いますので、ふとピワの葉エキスをつけて見ようと思いつき、綿にしませて二・三度さしこみまし
たところ、それっきり痛みはなくなりました。

 はじめはビワの実を食べてから種を食べましたが、甘いあとの苦昧はかえって身にしみるもの。
そこで、ご主人か実を食べ、種を病人が食べ、そのあとにハチミツをなめることにしました。
 そのほかピワ葉温灸や、生葉を体の浄化槽である肝臓・腎臓・眸臓に貼るなど、あらゆることを
「自然療法」の本を見て実行したのです。そして奮闘すること一ヵ月、みごとに治って、今は元気
に働いているということでした。
 涙ぐましい夫婦の愛も大きな力となりました。
また、ピワの種の驚くべき力が、現代医学でもお手あげといわれる治りにくい骨髄ガンを治したこ
とに、自然の深い愛を感じて感動するのです。
 ガンで苦しむ方にとってはまさに福音です。種は苦いのが難点ですが、良薬口に苦しとはこのこ
と、心でおぎなって感謝して食べれば、心の甘昧が加わるのでおいしく食ベられ、その効果は倍加
するでしょう。
 また、このビワの種をちょっと傷つけて焼酎につけておくと琥珀色になって、ビワエキスができ
ます。この中にアミグダリンが出てきますので、これを飲んでも、もちろんいいのです。
 ビワだけでなく、梅の種やアンズの種にもアミグダリンが多いので、やはり焼酎につけてエキス
をつくり、いろいろ利用するとよいでしょう。
 こんなことを書いたり言ったりしてお伝えしたら、今まで捨てていたビワの種を一粒百円で売っ
ていた食品店も出てきたりして商魂のたくましさには驚かされました。
 しかし、自然の思いやりや親切は見えないところにかくされています。ありがとうの心なく、金
や物で片づけようとしても決して自然は応援しません。病気が治ってゆく陰に心があることを忘れ
てはならないと思います。

(薬草の自然療法)

またね~キティ_m

おしてね。

健康法 ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 筋ジストロフィーへ
にほんブログ村
ありがとう。
関連記事
[ 2013/10/13 17:23 ] 自然療法 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ
  • 自己紹介(2)
  • がんのこと(24)
  • がんの特効薬は発見済みだ(2)
  • 健康法(3)
  • 健康に良い食べもの(12)
  • 健康食品(6)
  • ビタミン(1)
  • 野菜の栄養(1)
  • はちみつ(2)
  • 日記(8)
  • 写真(4)
  • 未分類(26)
  • ソマチットさん(1)
  • 本(1)
  • 植物さん(7)
  • 地球さん(1)
  • 森林さん(1)
  • スピリチュアル(1)
  • のぶくんのこと(1)
  • 慢性病(2)
  • メイプルシロップ(1)
  • マイグルト(1)
  • ココナッツオイル(1)
  • 牛乳の害(1)
  • 自然療法(3)
プロフィール

のぶくん

Author:のぶくん
ぼくは筋ジストロフィーという病気で入院しています。
好きなことは読書と映画やアニメを観ることです。
ぼくの夢は人の役に立つことです。

カウンター
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。