色々なことや健康に良い食べ物や読んだ本を紹介するよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

植物の神秘生活 地球外生物からの信号がやってくる?


●地球外生物からの信号がやってくる?
 この現象が含む意義は大変なものだったので、ローレンスと彼の連れは帰る途すがらそのことを討
議せざるをえなかったが、結局二人が聞いた信号は本物ではなく、「かぶと虫」(自動車)が彼らの器械
に産み出した可能性もあるとして、二人の発見はさしあたり公表を控えることにした。地球外に生物
がいるという可能性は二人の心を騒がせ、わくわくさせるものだった。地球外生物に関するヒントと
なるものは、これまできわめて漠然としたもので、限石の中に「有機的諸元索」とか有機物が発見さ
れたとか、有機分子の存在を暗示する赤外線スペクトルが火星に見つかったとかいうようなことも含
まれていた。さらにまた星相互間の珍らしくはあるが、でたらめのものではない無線信号もある。こ
れはテスラとマルコーニが受信したと主張したものだが、彼らはひどく嘲笑され黙らせられてしまっ
た。しかしパルサー星からは銀河問無線発信が行なわれているのである。
ローレソスは、何兆キロメートルもの彼方から送られてきたある知的信号を植物組織を通して傍受
したと?合点するのを控え、数か月間かけて自分の器械を改良して、「星問信号受信用生体力学場観
測所」と呼ぶものを作り上げた。
 一九七二年四月までには彼の器械は十分に精密化され、ソーセージを食べた時に反応を得た方角に
再度器機を向けてみることにした。レーザー光線の専門家で、レーザーに関してヨーロッパで出版さ
れた最初り技術書を書いた人物であるローレンスは、前の装置が指していた方角を注意深く心に留め
ていたのである。それは天の北極圏の七つ星の座、北斗七星と呼ばれている大熊座をまっすぐに指す
方向だった。機器を生物からできるだけ確実に遠ざけるため、ローレンスは不毛のモハーベ砂漠の真
中う海抜約七〇〇メートルの火山丘ピスガ・クレーターまで車で出かけた。この噴火口は草の葉一つ
ない、およそ七七平方キロメートルの平坦な熔岩層で囲まれている。望遠鏡にはファラデー管・カ
メラ・電滋干渉監視器・植物組織を収めた箱が結合されていたが、その望遠鏡を天の座標(赤道座・標)
の赤経一○時四〇分赤緯北五六度―ほぽ大熊座の方角―に一直線になるようにし、ローレンスは
音声信号器のスイッチを入れた。九〇分後、彼の器機はまたしても短かいながら聞き覚えのある型の
信号をとらえたのである。ローレンスによれば、彼が天の一点を監視していた数時間にわたって、速
い連続した鼓勁音がおよそ三分~五分間隔で聞こえたという。
 こうして一九七一年の観察を繰返すことに成功するや、ローレンスは大きな意義をもつ一種の科学
的発見に自分が逢着したのは偶然でないのではないかと思いはじめた。彼には、その信号がどこから
やって来るのか、何が、または誰が信号を送っているのか、まったくわからなかったが、銀河の動向
か信号源にある役割りを演じている可能性が高いように思えた。「信号は星が沢山集まっている銀河
の赤道から漏れていたのかもしれない」とローレンスは言った。「北斗七星からというよりは、むし
ろ銀河の赤道付近から来るあるものを受けとっていた可能性があります」。
 最初の観察をこのようにモハーベ砂漠で確認したあと、ローレンスは自宅の実験室でテストを継続
し、器械を天の同じ座標へ四六時中向けっ放しにしておいた。数週間、ときには数か月間も待たされ
たが、信号がひとたびやってきたときには何かを受信している手応えは十分だった。一信号はブルル
ルルルル・ビービービーという型の鼓動音を生み出すのだが、これは地球上のどんな存在者もこれま
で速成したことのない型の信号だ、とローレンスは主張している。
 この奇妙な信号の性質について熟考推理するよう迫られて、ローレソスはこう述べた。「私は信号
が地球人に向けられているとは思いません。私たちは同じ地球人仲間の間だけで発信のやりとりをし
ていて、生物交信のことは何も知らず、これらの《会話》からは完全に
締め出されているのだと思う。また送信エネルギーは途方もなく高いにちがいないと思います。私共
が使っているさほど高性能でもない器械順にあんな天文学的距離から何らかの反応をうみだすにはも
のすごいパワーが必要だからです。ことによると、あの信号は緊急信号とも考えられます。天の彼方
で何ごとかが起こっていて、何者かが必死になって助けを求めているのかもしれません」。
 自分の発見はきわめて重大な意義をもち、今まで想像もされなかったような新しい通信システムを
予告する可能性がある、と確信したローレンスは、一九七一年一〇月の録音テープの複製を七ページ
の報告書とともにワシソトン市のスミソニア研究所に送った。そのテープは科学史上の資重な記録
となる可能性を秘めたものとして今も保管されている。その報告書はつぎのように結ばれている。
 発信地も目的地も不明の一連の星間交信信号と覚しきものが観測された。傍受は生物感知器に
よってなされたゆえ、ある生物型の信号発信が想定されねばならない。テスト実験は電磁気の甚
だ弱い地域で行なわれ、機器自体も電磁放射を通さないものであった。追跡テストの結果、機器
にはいかなる欠陥もないことが判明した。星間交信傍聴実験は日常ベースでは行なわれていない
ゆえ、検証テストが他の場所で、できれば地球的規模で、行なわれるよう提案する。この現象は、
無視されるには重要すぎるものである。
 器機装置がとらえたこの信号テープは、ただ再生音を聴いても面白くも何ともないが、三回ないし
それ以上かけなおして聴くと(それはきまって数週間以上になるが)、ほとんど「うっとりするほどの魅惑」
が出てくる傾向があるのをテープ検閲官たちは認めた、とローレンスは語っている。
 このテープには、無意味なささやき、背景転調に似た短かいが漸増的な、深い和声的振動音の連続
か収録されている。総体的にみて一連の鼓動音が知性的性格をもっていることは、それらが独立した
 型をもち、明白に繰返され、電磁ノイズが極度に排除されていることによって暗示されている。
 ローレソスは、テープに収録された信号をコンピュータ分析にかける日の到来を首を長くして待っ
ている。そうすれば、信号の性質を解く新しい手がかりが何か提供されうるかもしれない。信号は速
すぎて、データを手仕事で抽出することはできないのだ。コンピュータにかけたとしても、そうした
分析から具体的成果がうまれると思うほど、彼は楽観的ではない。「信号がもし個人的なものであれ
ぱ、今日のコンピュータ技術を駆使しても信号を解読することはできないでしょう。でたらめと見え
るデータを集めて簡明で合理的な解読を取り出せるような、生物工学的タイプのコンピュータは今日
まだ存在しないのですから」と彼は言う。
 生物信号をとらえるには生物タイプの感知器が必要だというローレンスのもっとも重要な結論は、
大気圈外宇宙から来る通信に特にあてはまる。彼が述べているように「《生物信号》は、明らかに既
知の電磁スペクトルの外に存在しているので、普通の電子工学はほとんど役に立たないのである」。
 一九五〇年代になって、われわれの小さな惑星は宇宙で無比のものだと主張してきた科学者たちは、
天の庄意深い観察と推論にもとづいて、われわれ人間は宇宙の無限の空間の中で一人ぽっちではない
かもしれぬこと、われわれよりもはるかに進んだ地球外生物(ET・宇宙人)が存在している可能性を
容認しはじめた、とローレンスは指摘している。

(植物の神秘生活)

またね~キティ_m

おしてね。

健康法 ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 筋ジストロフィーへ
にほんブログ村
ありがとう。
関連記事
[ 2013/10/11 19:45 ] 植物さん | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

カテゴリ
  • 自己紹介(2)
  • がんのこと(24)
  • がんの特効薬は発見済みだ(2)
  • 健康法(3)
  • 健康に良い食べもの(12)
  • 健康食品(6)
  • ビタミン(1)
  • 野菜の栄養(1)
  • はちみつ(2)
  • 日記(8)
  • 写真(4)
  • 未分類(26)
  • ソマチットさん(1)
  • 本(1)
  • 植物さん(7)
  • 地球さん(1)
  • 森林さん(1)
  • スピリチュアル(1)
  • のぶくんのこと(1)
  • 慢性病(2)
  • メイプルシロップ(1)
  • マイグルト(1)
  • ココナッツオイル(1)
  • 牛乳の害(1)
  • 自然療法(3)
プロフィール

のぶくん

Author:のぶくん
ぼくは筋ジストロフィーという病気で入院しています。
好きなことは読書と映画やアニメを観ることです。
ぼくの夢は人の役に立つことです。

カウンター
カレンダー
09 | 2017/03 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。