色々なことや健康に良い食べ物や読んだ本を紹介するよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

がんの特効薬は発見済みだ2

こんにちはのぶくんです。

前回の記事の続きです。



「がんの特効薬は発見済みだ!」

2・「がん特効薬」の発見者
 さて、肝心の特効薬の発見者について
 私は、一九八七年頃、元・毎日新聞の経済記者・小泉貞彦氏の著作にな
る「第三の制がん剤・ベンズアルデヒド」(かや書房)という書籍を読み、
そこで初めて東風睦之(こちむつゆき)博士の業績を知りました。
 東風博士は、一九八五年五月、米国国立スローンケタリングがん研究所
の機関誌に、制がん剤に関する論文を発表されました。その論文の骨子は、
次のとおりです。
 東凰博士は、イチジク抽出液からハツカネズミの腹水がんの移植阻害に
有効な成分を分離し、これをベンズアルデヒドと同定しました。この物質
は、揮発性の有機溶媒なので、ブドウ糖と化合させて水溶性としたのち、
末期がん患者六十五名を対象として、がん治療効果を調べました。
 その結果、五五パーセントという高い有効率を得たのです。副作用も皆
無でした。
 これは、明らかに、画期的な世紀の「大発見」です。有効率が五五パー
セントというのは、特効薬としては低すぎると思う方もおられるかもしれ
ませんが、対象が末期がん患者であることを考慮すれば、五五パーセント
といえども、素晴らしい成果とみなせるのです。
 このように、がん治療学上の大発見が、米国国立スローンケタリングが
ん研究所の機関誌という、国際的に権威ある学術誌に掲載されたのですか
ら、数多くの追治験が実施され、報告されるのが当然です。
 ところが、なぜか皆無なのです。
 実は、この事実の裏には、複雑な医学界の「事情」が潜んでいたのです。
 私自身も、肺がん完治の一例を、「がん特効薬候補者・パラヒドロキシ
ペンズアルデヒド」と題した英論文にまとめ、フィラデルフィアのペンシ
ルペニア大学医学部教授が編集長を務める学術誌に投稿したのですが、そ
のとき、明確な理由も示されずに、「受理できない」という決定が送られ
てきました。メールで苦情を述べると、編集長から質問が一つだけあると
のこと。そこで、その質問に丁寧に応答しましたが、それ以後、何一つ連
絡がありませんでした。
 要するに、この「特効薬」の追治験論文は、受理されないのです。
 その後、現在に至るまで、追治験の報告は国内的にも国際的にも】切な
いと断言できます。
 このような次第で、東風博士の貴重な論文が、国内外で評価されないば
かりか、それを発展させて治療に役立てる努力もなされなかったのです。
何らかの事情で封印された、といっても過言ではありません。
 私は、この論文の整合性と価値を見抜き、東風博士が経営される一条会
病院へ、ニカ月の短期間でしたが、動務医として参加し、その治療の成果
を自分の目で確かめました。確かめ得たことは、一般的にがん病棟につき
ものの、多くの患者が死に瀕するという暗い雰囲気が全くなく、全患者
回復期という明るい雰囲気が支配していたということです。

5.特効薬の中味と信頼性
 
前記、がん治療に有効なベンズアルデヒドは、少量ではあるものの、生
アーモンドに含まれています。毎日、三十個から五十個の生アーモンドを
食べれば、初期のがんは治ります。
 ちなみに、三共製薬のビオタミンと東和薬品のビオトーワは、どちらも
同じ構造式のビタミンB1誘導体ですが、分子構造中にベンゾイル基(ベン
ズアルデヒドから水素原蒼が一個欠落したもの)を含んでいて、内服する
と、消化液で加水分解を受け、ベンソイル基が遊離して吸収され、制がん
作用を発揮します。
 これはどのような種類のがんにも有効です。効きにくいがん種というも
のはありません。
 がんの進行度合いや体力の状況により、処方に多少の違いはありますが、
基本的には以下のようになります。

■処方箋
 ビオタミンまたはビオトーワの一目二錠の内服を三週間続け、四週目ご
とに四~五割増量して、最終一日につき、三十錠を服用すると、軽度の進
行がんも治療可能です。
 一目一錠から始めるのは、徐々に身体をクスリに慣らさないと、がん組
織から出血するからです。発がん予防目的で服用する場合は、十日に一回
十錠を服むのが賢明です。平均すれば一日一錠ですが、十日間隔に十錠服
めば、出かけたがんの芽を完全に消滅させられるから、より完全に予防で
きるのです。
 パラヒドロキシペンズアルデヒドは、水溶性(一グラムが二〇〇ミリリ
ットルの水に可溶)で、より強力な制がん作用があります。唯一の難点は、
水溶液の味の悪さです。澱粉で五倍散か十倍散にすれば、ずっと服用しや
すくなります。
 一日ニ・五ミリグラムをご。週間続け、四週目ごとに四割増量し、最終一
目十五グラムを続用すれば、極端な末期がん以外は、生還可能です。
 どのくらいの期間、服み続ける必要があるかについては、症状によって
異なりますが、最長でも一一百日くらいと考えてよいでしょう。もう一つの
選択肢は、外科的手術後に、ビオタミン、ビオトーワ、またはパラヒドロ
キシペンズアルデヒドで、術後再発を予防することです。その場合の処方
箋は、術後がん残存の可能性がある場合は治療用の処方箋と同じですし、
残存の可能性がない場合は予防用の処方箋と同じです。


クリックしてね
        
スポンサーサイト
カテゴリ
  • 自己紹介(2)
  • がんのこと(24)
  • がんの特効薬は発見済みだ(2)
  • 健康法(3)
  • 健康に良い食べもの(12)
  • 健康食品(6)
  • ビタミン(1)
  • 野菜の栄養(1)
  • はちみつ(2)
  • 日記(8)
  • 写真(4)
  • 未分類(26)
  • ソマチットさん(1)
  • 本(1)
  • 植物さん(7)
  • 地球さん(1)
  • 森林さん(1)
  • スピリチュアル(1)
  • のぶくんのこと(1)
  • 慢性病(2)
  • メイプルシロップ(1)
  • マイグルト(1)
  • ココナッツオイル(1)
  • 牛乳の害(1)
  • 自然療法(3)
プロフィール

のぶくん

Author:のぶくん
ぼくは筋ジストロフィーという病気で入院しています。
好きなことは読書と映画やアニメを観ることです。
ぼくの夢は人の役に立つことです。

カウンター
カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。