色々なことや健康に良い食べ物や読んだ本を紹介するよ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

エイズ、ガン他万病を治すMMS

エイズ、ガン他万病を治す「もの」が遂に出現(2)

奇跡のサプリメント

前回、このエイズ、ガン他万病を治す「もの」(1)を書いた時点では、私自身は実際にこの「もの」を試してなかったのですが、例によって私に様々な有益な情報を与えてくれるHさんから話だけ聞いて、これは凄い!と書き始めた訳です。

で、3週間前位から実際に自分も試してみました。試してみて、やはりこれは凄い!というのが実感です。

私の体験談については、後の方で書きたいと思っていますが、まず、タイトルのエイズ、ガン他万病を治している「もの」とは何か、その発見者、その実績などをお伝えしましょう。

それは、MMS、ミラクル・ミネラル・サプリメントと呼ばれるものです。名前の中に奇跡という言葉が入っていますが、まさに奇跡のサプリメントです。
スポンサーサイト
[ 2013/10/15 19:33 ] がんのこと | TB(0) | CM(0)

体温を上げる8つの方法

 50年くらい昔の医学書には、日本人の平均体温は36・8度士0・34度と書いてあります。
つまり、以前は36度4分から37度1分が普通の体温だったのでち。
 現代では、おそらく36度くらいでしょう。最近は35度台の人も多く、なかには34度台と
いう人もいます。
 ガン細胞は低体温が好きで、35度以下を最も好みます。したがって、こうした低体温の
人はガンになりやすいので注意が必要です。
 また、漢方ではガンだけでなく、「冷えは万病のもと」と言われています。つまり、低
体温の体質を治せば、ガンや万病が治るということです。
 そこで、低体温をなんとかしたいのですが、低体温を治すには、その原因と対策を知ら
なければなりません。
低体温になる原因は、おおまかに言うと以下の8つがあります。
 ①運動不足、②塩分制限のし過ぎ、③酸素不足(ストレス過刺など)、④肉と魚不足、⑤
糖分の摂りすぎ、⑥水分の摂りすぎ、シャワーなど入浴の簡易化、⑧冷房の普及、
 これら低体温の原因について、簡単に説明しましょう。
 なお、一般的に男性は低体温になりにくく、女性は低体温になりやすい傾向があります。
これは男女の体の構造の違いに由来しています。女性は脂肪が多く筋肉が少ないため、体
が冷えやすいのです。
 脂肪は体の内側からも外側からも温まりにくく、いったん身体が冷えると、その冷えを
体の中にかかえこみやすいのです。逆に筋肉は熱を発生しやすい特徴があるため、筋肉が
多くある労性は寒さを感じにくいのです。
 また同じ理屈で、大人よりも子どものほうが相対的に脂肋が少なく筋肉が多いため、圧
倒的に熱効率がいいので、あまり寒がりません。寒い冬に予どもが短パンや裸足などの薄
着で平気な理由も、そこにあります。

(ガンは5年以内に日本から消える)

またね~キティ_m

おしてね。

健康法 ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 筋ジストロフィーへ
にほんブログ村
ありがとう。
[ 2013/10/02 12:32 ] がんのこと | TB(0) | CM(0)

ガンに効果的な温熱療法

 ガン細胞は低体温の環境が好きで、35度以下あたりで最も増殖すると言われます。そ
して、約43度以上で死にます。
 これに対して正常細胞は43度以上でも耐えられるので、この温度差でガンを治療しよう
というのが、ガン温熟療法の基本的な仕組みです。
 ガンが熟に弱い理由は、体温調整ができにくいためです。ガン細胞はブドウ糖だけがエ
ネルギー源なのですが、盛んに増殖するためには正常な細胞よりも多くのブドウ糖を必要
とします。そのため、新生血管というガン専用の新しい血管を勝手に作って、ブドウ糖を
いっぱい横取りするのです。
[ 2013/09/30 13:30 ] がんのこと | TB(0) | CM(0)

米糠が癌に良い

米糠ががんにいいそうです。

放射能にはフィチン酸(炒り米ぬか)、抗がん剤にはフィチン酸(炒り米ぬか)

米糠療法という癌の民間療法があります。
米糠とはフィチンという工業原料のもとになっています。
フィチンとは何かというと
イノシトール6リン酸マグネシウム・カルシウム塩という植物の栄養素の固まり。
種が勢いよく発芽して、あっという間に葉が出て光合成を始められるのも、フィチンのおかげ。
葉緑素に必要なマグネシウムと、葉を伸ばすエネルギー源のリン酸
それらすべてを含んでいます。

フィチン → フィチン酸 & マグネシウム、カルシウム
となります。
このフィチン酸C 6 H 18 O 24 P 6 (IP6と略)は米国では、癌サプリとして販売されている。(以下英語サイト引用:翻訳サイトで翻訳どうぞ)
http://www.wiebaktmee.nl/vaktermen/Fox_2002_phytate%20review%20cancer.pdf論文 フィチン酸は抗がん剤
http://thehormoneshop.com/ip6.htm(IP6の説明)
http://www.raysahelian.com/ip-6.html(サプリメントIP6と医療での用い方)
[ 2013/09/29 17:38 ] がんのこと | TB(0) | CM(0)

日本では昔から温熱療法が盛んだった

温熱療法が世界で最も進んでいる国は日本です。これは日本が温泉の国で、古くから湯
治という伝統治療を持っていることや、家庭での入浴の習慣があることも関係しているよ
うです。
 実は、人浴の習慣はガンの治療や予防にもとても効果的なのです。そして、日本人に乳
ガンが少ないのは人浴と関係があると考えられています。
 ネズミに発ガン物質を注射するという実験で、2つ以上の群れに分けて、一群を注射後
に42度のお湯に浸けると、毎回お湯に浸けた群れにだけ乳ガンの発生が著しく抑制された
というデータがあります。
 ところで、温熱療法はなぜ体に良い効果をもたらすのでしょうか。
 人間の体には血液、リンパ液、脳脊髄液、ホルモン、神経伝達物質、生体電流などさま
ざまなものが流れています これらは通常、熱によって循環したり働いたりしています。
 近年、多くの医師や研究者が「体を湿めれば病が治る」と説いていますが、体を温める
ことでこうしたエネルギーの循環が促進されて体の不調部位の血流やリンパ流、脳脊叙
液、その他の流れを良好にする効果が大きいのではないかと考えられています。

(ガンは5年以内に日本から消える)

またね~キティ_m

おしてね。

健康法 ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 筋ジストロフィーへ
にほんブログ村
ありがとう。
[ 2013/09/29 12:57 ] がんのこと | TB(0) | CM(0)

温然療法―ガンの患者さんは代謝率が著しく低い

 京都人学医学部教授だった白川太郎先生からお聞きしたことですが、まずは図をご覧く
ださい。この図を見ると、人問の代謝率は脇下体温が36度から36度4分くらいで急上昇す
ることがわかります。愛知医科大学准教授の伊藤要子先生も同様のことを言っています。
 ガンの患者さんは、体温を測るとほとんど例外なく低体温なので、この図からガンの患
者さんは代謝率が著しく低いことがわかります。
 したがって、お風呂に入ってもらい、体温を上げると一気に代謝率が上がるのです。
 すると、患者さんはお腹がすいた、喉が渇いたと訴え始めます。そこで、「待ってました」
と、栄養をどんどん体に入れるとどうなるでしょうか。
 これで生活習慣病という病気は、一気に改善されることになるのです。
 ただし、ここで重要な注意事項があります。それは、第2章で説明した「腫傷崩壊症候
群」です。
 カリウムは血液中では3・5~5・1メックが適正値とされています 温然療法が幼いて
腫傷が崩壊すると、ガン細胞の中のカリウムが一気に溶け出し、血液中に流れ出します。そ
して、血液中のカリウム値を6・O~7・Oへと高めていき、8・Oまでいくと心停止が起
こってしまいます。これを避けるには、決してお風呂は長湯をしてはいけないということで
す。
ガンの患者さんは、長い時間のお風やサウナは避けるべきなのです。心地よい程度に人浴時
間をとどめてください。

gnk183.jpg

(ガンは5年以内に日本から消える)

またね~キティ_m

おしてね。

健康法 ブログランキングへ
にほんブログ村 病気ブログ 筋ジストロフィーへ
にほんブログ村
ありがとう。
[ 2013/09/28 13:25 ] がんのこと | TB(0) | CM(0)

ガン食事療法の元祖「ゲルソン療法」

ガン食事療法の元祖「ゲルソン療法」

 医聖ヒポクラテスは、ほとんどの食物は「薬」になると言いましたが、実際にゲルソン
博士は食事指導で結核もガンも治しました。ガンに効く食事療法として世界で最も有名な
ゲルソン療法は、多くのガン患者を救ったという点で非常に優れた治療法です。
 私たちは、ゲルソン療法の最大の功績はガンという病気が食事という口常の習慣を変え
ることで治せるという事実を証明したことだと考えています。
 難治性の結核を99%以上治す食事療法をおこなっていたゲルソン博士が、最初のガン患
者を治療し、見事に治癒させたのは1928年のことでした。
[ 2013/09/27 18:16 ] がんのこと | TB(0) | CM(0)

糖質制限はガンに効く

糖質制限はガンに効く

糖質(炭水化物)が人間にとって本来の主食ではないということは理解されたでしょうか
 すでにガン細胞は赤血球と同じく、ブドウ糖だけが栄養素だという話をしました。そこ
で問題は、炭水化物をカットすればガンに効くのかということになります
 私たちの結論を先に言えば、糖質制限はガンに対して効くと考えてよいと思います な
ぜなら、単純にガン細胞に対しての兵糧攻めになるからです。
 糖質制限食の権威である江部康二先生は、著書『主食をやめると健康になる』(ダイヤ
モンド杜)で、「あくまでも仮説ですが、糖質制限食には欧米型ガンの予防効果が期待で
きると思います」と述べています。
[ 2013/09/25 18:27 ] がんのこと | TB(0) | CM(0)
カテゴリ
  • 自己紹介(2)
  • がんのこと(24)
  • がんの特効薬は発見済みだ(2)
  • 健康法(3)
  • 健康に良い食べもの(12)
  • 健康食品(6)
  • ビタミン(1)
  • 野菜の栄養(1)
  • はちみつ(2)
  • 日記(8)
  • 写真(4)
  • 未分類(26)
  • ソマチットさん(1)
  • 本(1)
  • 植物さん(7)
  • 地球さん(1)
  • 森林さん(1)
  • スピリチュアル(1)
  • のぶくんのこと(1)
  • 慢性病(2)
  • メイプルシロップ(1)
  • マイグルト(1)
  • ココナッツオイル(1)
  • 牛乳の害(1)
  • 自然療法(3)
プロフィール

のぶくん

Author:のぶくん
ぼくは筋ジストロフィーという病気で入院しています。
好きなことは読書と映画やアニメを観ることです。
ぼくの夢は人の役に立つことです。

カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
フリーエリア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。